どうすれば 最近日本政府が携帯電話料金の値下げなどの活動

どうすれば 最近日本政府が携帯電話料金の値下げなどの活動。総選挙が控えているので国民の支持を得ようとパフォーマンスしているだけです。最近、日本政府が携帯電話料金の値下げなどの活動に積極的ですが携帯電話料金の値下げの目的はなんですか ドコモ対応でソフトバンク新料金プラン発表。携帯料金 値下げ本格化? 携帯電話料金をめぐる動きで。ドコモの打ち出した
一手が注目を集めました。ネットでの手続きに軸をおいた月額円の新たな
料金プランに続き。向け大容量プランの円値下げなどに菅政権が頑なに携帯電話料金値下げにこだわるワケ。日本の携帯電話料金は世界の主要都市と比べても高額で。家計を圧迫するつの
要因となっている。新たに首相に就任した菅義偉氏は。これまで積極的に携帯
電話料金の値下げに向けた発言をしていることで知られ。大手社が政府が進める「携帯電話料金値下げ」。菅義偉首相と武田良太総務大臣が主導する形で。携帯電話料金の値下げへの機運
が高まっています。最近であれば。ドコモの「アハモ」が象徴
的です。の情報番組や夕方から夜にかけてのニュース番組など。携帯電話料金
の値下げを巡る話題は頻繁に取り上げられるようになりました。

「携帯料金見直し」のニュース一覧:。ドコモが月から始める新料金プラン「アハモ」で。携帯メールが使えない
ことに一部利用者から不満の声があがる。同一ブランド内で菅義偉首相は官房
長官時代から携帯値下げの旗を振り。通信行政を所管する武田良太総務相は就任
以来。厳し 携帯各社は格安自分が責任をとる」。月下旬。楽天本社で携帯
電話の新料金の議論が過熱していた。ドコモなどが打ち出したデータ容量
ギガギガは億バイトで月円の新プランにどう対抗するのか。会長兼
社長の三どうすれば。そこに。移行の手間や不安などの要素も加わったうえで。最終的な判断を下す
はずだ。 たとえば。昨年月にサービスを開始した楽天モバイルは。円
という他社より格安の料金プランを提供したうえ。

総選挙が控えているので国民の支持を得ようとパフォーマンスしているだけです。騙されないでください。選挙が終われば値下げの話もどこかに消えます。選挙のたびにうまい話に騙されて自民党を支持し続けてきた結果、大企業だけが儲かり、国民はどんどん貧しくなってきているのです。自民党を卒業しましょう。通信費が安くなると知識欲がある人は勉強する費用が下がる。研究開発や技術開発費用も下がる、国際競争で有利になるんだ。現在は電気、水道、高速道路代通信費、移動費、輸送費、通信費などすべてが高くアメリカの5?8倍だ、日本が発展しなくなったのはそれが原因だが、1992年?2014年の名目GDPが アメリカ2、3倍、中国23倍、韓国4、7倍なのに 日本は微妙に0、999倍で下がっている。日本人全員が貧乏に向かって進んでいる。それで良いのか?俺は昔から通話料等高いなと思っていた。しかも毎月1万、2万あるいはそれ以上使う人の割合も少なくなかった。今だとライン通話とかで無料だったりするんで若い人は、もしかしたらそこまで気にならないと感覚的には思うだろうけど。ネットの固定回線は5千円とか6千円するでしょ。普通に月2万3万と払ってる人も多いと思う。10年前20年前と収入が1.5倍とかそれ以上上がってれば多少高くても皆感覚的に気にしない。安倍政権になりアベノミクスだ景気向上、過去最高の初任給大卒データなどまるで洗脳するかのようにメディアは伝えてきたが、ちゃんとデータ比較すると収入なんて1万も上がってない。それどころか、各種税金、年金積立がアホのように値上がりしている。そんな事を伝えるメディアなんてほぼ無し状態。それどころから日本は借金が凄い、少子化で酷くなる。そんな事だけを伝えて増税を安倍政権で2回もした。増税するたびに国民を、そういう感情にさせる為に誘導をしてきた。しかし増税だけだと確実に支持率は下がるんで一部だけ良さそうな事をする。安倍政権で言うと、増税するかわりに企業へ対して法人税下げるとか経団連企業の社員達の給料やボーナスを上げたり。これは安倍政権というより政府が経団連へ、それを促進させ企業が独自社員の給料を上げてきたというのが正しいのだけど。もちろん公務員の給料は戦略的に昔から上げてきている。経団連企業は沢山の社員を抱える労働の中でも一番影響や範囲が広い領域。それと公務員も多いでしょ。まずここを抑え込むと政権安定度が高い。メディアもグルだ。増税するけど新聞代は増税しませんとかね。なのでメディアは増税批判をしない。安倍政権以前は増税するたびに政権の支持率下がりメディアも反増税だった。しかし安倍政権ではメディアに甘い汁吸わせて反増税論を言わせないようにした。国民は上手く増税仕方ないと誘導されて安倍政権では増税しても支持率が、それで下がらなかった。しかし菅政権ではどうだろう?明白には言ってないが菅は首相なる直前の候補者討論会で増税促進発言を言っていた。おそらく増税は支持率等タイミングを見て確実にするだろう。話は戻り、何もしないで増税すれば反発だけ食らうのは必須。民主党政権時代を見ると支持率が20%とか、それ以下になると世論反発も酷くなりメディアも悪い意味で政権叩きを始める。そうなると政権は何もできない。そうならない為にも国民やメディアに対して少しでも恩恵ある政策をしないと駄目だ。長くなったが通話料?通信量?の値下げは増税の為の準備段階と思っていていい。どうせ国民は毎月500円くらい下がった程度で喜ぶだろうし菅さんさすがという世論を確実にメディア、ネット始めここでも歓迎ムードになるだろう。次にまってるのは増税で2%くらいの増税なんてたいした事ないという人達も多くいると思うが景気を落として内需を減らしてるのは確実に増税の影響が高い。増税なんてたいした事ねえだろ、と言う人達こそ格差拡大を促進させてる人達です。格差は仕方ない事かもしれない。民主主義、資本主義の国において。しかし国家は格差を少しでも無くすのが、まともな国家です。しかし日本は増税をし続けて格差を拡大させようとしてるとしか思えないです。通信量だか通話料だか知らないけど毎月500円、千円下がっても増税すれば国民負担は増税の方が負担大きいです。通信量下がれば負担はもちろん軽減されるが、そうやって少しづつ増税をする戦略を政権というより政府がしようとしてる事です。中間層以下はギリギリな所で生活してるんで贅沢な物とか買えないです。しかし一番増税で苦しむ層です。中間層は10%?2%の増税くらいたいした事ないと思ってる人が多いです。しかしそれが更に上ってきて14%とか、それ以上になるとさすがに今より大くの中間層も消費税高すぎと思うはずです。しかしそういう感情を抑え込もうと、なんとかして経団連などは企業に対してもうちょい給料上げろだとか公務員の給料を上げるでしょう。少しね。大くの国民は富裕層でもないし、なんなら中間層でもなく公務員でも経団連企業の社員でもありませんしメディアの人間でもありません。いつか増税し続けて国民の大半が、おかしくね?と思った頃に増税ストップです。長くなりましたが料金値下げは増税への準備段階と見ていいです。そして増税仕方ないとか普及してる人達は仕組みをよく理解できてない人、メディアに洗脳されてる人達か格差拡大応援派と見ていていいです。値下げというより、適正価格化です。こんなもん暴利を貪ってる会社を適正化するだけの話なんで、目的も糞もないです。

  • 8/1&39;07 くらいの距離か説明する時?1キロいか
  • 令和2年5月14日 安倍首相誹謗中傷する人って本当日本人
  • 平成31年4月~令和2年1月 ネット見てる死たい人結構い
  • 不倫の罠と 不倫相手の女性って勘違いすぎじゃないか
  • 余計なお世話 友達わたの面識など一切ないの余計なお世話だ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です