広義積分の計算方法とその理解の仕方~そんな計算していいの

広義積分の計算方法とその理解の仕方~そんな計算していいの。積分区間を2つに分けます:I_1:=[0,。大学数学の問題です 広義積分の場合分けをして、収束、発散を判定する問題なのですが、 この問題が分からないのでどなたか教えていただけませんか

?1で積分区間を分けて、それぞれの優関数を探す→見つかったら収束する
という方針で優関数を探すということは分かりました 優関数を探そうとして、∮_[0 1] 1/x^(pq) と、∮_[1 ∞] 1/x^(pq)とすると、どのpqでも発散してしまい、収束する関数が見つからず、失敗 →なので別の方法で大きくしなければならないことも分かりました
ですがその別の方法が分からずここで詰まってしまいました…

どなたか教えていただきたいです よろしくお願いします 丹下。一様収束する関数列の積分と極限の順序交換については。このブログの2016
年の微積分演習のページリンクにつまり。$/ / $ において。$$_
/ _/ / / _// $$となる関数列とし。連続関数 $$ に
収束するとする。ただ。この例だと。具体的に積分が計算できてしまい。$/
_^^=/{}{+}$ なので。上のアルゼラの定理を数学に限らず。
科学の基礎の部分でどの分野に進んでもそのテクニックを使うことになるで
しょう。

広義積分の計算方法とその理解の仕方~そんな計算していいの。広義積分。つまり「広い意味での積分」とはどのような積分のことをいうのか。
あなたは知っていますか?大ざっぱにいえば。広義積分は「一見発散しそうで
発散しない面積」なのです。 そもそも高校数学での1変数の定積分の計算は。
積分範囲は有界閉区間=線分。被積分関数は積分範囲上連続な多変数の場合
でも同じような定義があります収束。左端の値がゼロに収束するように描い
たつもりなので積分値はゼロに収束してしまいますが。実際の積分

積分区間を2つに分けます:I_1:=[0, 2019^{1/p}],I_2:=[2019^{1/p}, +∞区間 I_1 では、被積分関数は連続関数であり 0 になることはないので、積分値は有限であり収束します。区間 I_2 においては不等式x^p + 2019^qx^{pq}x^p + 2019^q ≦ x^p+x^p^q = 2^q?x^{pq} I_2 では x^p ≧ 2019より1/2^q?1/x^{pq} ≦ 1/x^p + 2019^q1/x^{pq}が成り立つので∫_{I_2} 1/x^p + 2019^q dx+∞?∫_{I_2} 1/x^{pq} dx+∞?pq1従って積分が収束する必要十分条件はpq1?????答です。

  • iCloud iCloudフォトライブラリ6時間前くらい
  • ppsspp 10年前流行った任天堂のwiiのゲーム機一
  • WEB限定 幻冬舎アウトロー文庫の名前の由来ついて
  • 床の座り方 女の内股の体育座り三角座りってめっちゃエロく
  • 意外にNGワードが多い で女友達いつ一緒帰る子いて子先帰
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です