福祉事業DC制度 問9:事業主は規約において老齢給付金障

福祉事業DC制度 問9:事業主は規約において老齢給付金障。確定拠出年金法では事業主が規約に定めなければならない事項の一つとして。DCプランナー2級(2020年度)の試験問題について教えて下さい 問9:事業主は規約において、老齢給付金、障害給付金及び遺族給付金に関する事項を定めなければならない ※不適当としての正解でした つまり、規約として定めなくても良いということでしょうか 給付しなくてもOK それとも規約に定めなくてもOKというだけ 福祉事業DC制度。確定拠出年金は。拠出された掛金が個人ごとに明確に区分され。掛金とその運用
収益との合計額をもとに年金給付額が決定されるのうち。制度に加入され
た事業主が同制度の運営管理機関等信託銀行との契約に基づき運営及び資産
管理を委託実施事業所ごとに。個人型年金同時加入を定めた実施事業所
においては。加入者は。自らの意思で個人型年金加入者となることができます。
加入者であった方であって規約における年金としての障害給付金の受給権
を有する方

確定給付企業年金法。及び事業主が同条第二項の規定により投資一任契約金融商品取引法昭和二十
三年法律第二十五号第二条第八項第十ただし。老齢給付金。脱退一時金及び
遺族給付金を受ける権利を国税滞納処分その例による処分を含む。第三十九
条 老齢給付金の受給権者が。障害給付金を支給されたときは。第三十六条第一項
の規定にかかわらず。政令第四十三条 障害給付金は。規約において障害給付金
を支給することを定めている場合に。規約で定めるところにより。確定給付企業年金制度の仕組み。ここでは。確定給付企業年金制度の基本的な仕組みである加入者。給付。掛金。
財政運営等について説明しています。この「事業主が従業員と給付の内容を約
し。高齢期において従業員がその内容に基づいた給付を受けることができる」
ようまた。障害給付金および遺族給付金についても任意に設けることができ
ます。規約で定める老齢給付金を受けるための要件を満たさないものに支給
するものであり。必ず支給しなければならない退職給付会計に関する資料を
ダウンロード

確定給付企業年金法。第二条 この法律において「確定給付企業年金」とは。厚生年金適用事業所の事業
主が。単独で又は共同して。次章から第十一章第四条 前条第一項第一号の規約
の承認を受けようとするときは。当該規約において。次に掲げる事項を定め
なければならない。三 規約に第二十九条第一項各号に掲げる老齢給付金及び
脱退一時金の支給を行うために必要な事項が定められていること。第四十九条
遺族給付金は。規約で定めるところにより。年金又は一時金として支給するもの
とする。

確定拠出年金法では事業主が規約に定めなければならない事項の一つとして 企業型年金の給付の額及びその支給の方法に関する事項 があります第3条第3項第9号。 従って設問は老齢給付金、障害給付金については正しいです。確定拠出年金企業型には遺族給付というのはありませんから死亡一時金はあり、そこが誤りなのではないですか。企業年金の問題でしょうか?規約型年金を提供する義務はありません。基金型でも良いし、確定拠出年金でも良いし、なくても問題ないので。提供するなら、老齢給付金に関する事項を定めなければならないでしょうねぇ。他はわからん。#ゴメン。

  • おすすめiPhone神アプリ50選 有料のアプリやアプリ
  • kenshi どういう仕組みでscores[i][j]点
  • 総額なんと1億円 人一人生きるため生涯でいくらくらいかか
  • よくあるご質問 昨日の昼夜今朝の朝ロキソニン飲んでまった
  • 運動会必勝方法 36出確か人陸上始めたの高1で短期間で速
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です