19人殺害 相模原市の障害者施設津久井やまゆり園で201

19人殺害 相模原市の障害者施設津久井やまゆり園で201。私は最初に一読したときに。見出しと内容が逆
毎日新聞の記者はバカ 本日配信の以下の記事ですが、
本人のコメントは

「死を受け入れている、死刑を認めているわけではない」

ですが、
記事の見出しは

「死を受け入れているわけではない」

となっており、全くの逆の意味になってます

長いコメントでもないのに
ばか

【参照資料】

相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

3/30(月) 11:34配信毎日新聞
相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、利用者ら45人を殺傷したとして殺人罪などに問われ、1審?横浜地裁で死刑判決を受けた元同園職員、植松聖(さとし)被告(30)が控訴期限の30日、横浜拘置支所で毎日新聞の接見に応じた 弁護人が判決を不服として控訴したことについて「2審、3審が行われるのは嫌だ」と述べ、同日中に取り下げる手続きをとる考えを示した 取り下げた場合は31日午前0時に死刑が確定する

被告はこれまでの接見などで、判決の内容にかかわらず控訴はしない、と語っていた 公判の最終意見陳述でも「1審だけでも長いと思いました これは文句ではなく、裁判はとても疲れるので負の感情が生まれる」と述べていた

弁護人は27日に東京高裁に控訴 被告は30日の接見で「(自分のことを考えてくれて)ありがたい 元々控訴はすると言われていたので予定通りだ」と話す一方、法廷でも「控訴しない」と主張していたとして、取り下げる意向を改めて示した 「死を受け入れている、死刑を認めているわけではない」とも語った

横浜地裁の裁判員裁判は16日、争点となった被告の責任能力を認めて死刑を言い渡した 弁護側は大麻の長期常用などによる影響で心神喪失状態だったと訴えたが、被告は「自分には責任能力がある」と述べ弁護人の主張を否定していた

判決によると、被告は16年7月26日未明、窓ガラスを割って園に侵入し、包丁などで10~70代の利用者だった男性9人、女性10人の首や胸を刺して殺害 職員も含めた26人に重軽傷を負わせた 【中村紬葵】相模原のやまゆり園45人殺傷事件に関する速報ニュース:朝日新聞。障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら人を殺傷したとして殺人罪などに
問われている植松聖被告の裁判員裁判やまゆり園事件。植松被告に死刑判決
横浜地裁 有料会員記事 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」
で年月。重度障害者人を殺害し。職員人を含む人に重軽傷を負わせ

相模原障害者施設殺傷事件:時事ドットコム。相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年。入所者ら45人
が殺傷された事件から4年を迎えた26人が殺傷された事件で。殺人などの罪
に問われた元職員植松聖被告30の裁判員裁判の判決が16日。横浜地裁で相模原施設19人殺害事件。植松聖被告は年に殺傷事件を起こし逮捕された 神奈川県相模原市の障害者
施設「津久井やまゆり園」で年に入所者人が刺殺された事件の裁判員裁判
で。横浜地裁は日。殺人などの罪に問われた元職員植松聖19人殺害。相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら人を殺傷したとして。
殺人罪などに問われた元職員。植松聖被告の裁判員裁判の判決公判が日
。横浜地裁であった。青沼潔裁判長は被告の刑事責任能力を

横浜地裁審理。県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」相模原市緑区で2016年。入所
者ら45人が殺傷された事件で。殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告
30に対する一審横浜地裁の死刑判決が31日。確定した津久井やまゆり園で発生した事件について。本日。横浜地方検察庁が。津久井やまゆり園事件の被疑者である植松聖を。殺人
罪などで起訴したとの発表があり。次の本日。厚生労働省が設置した相模原市
の障害者支援施設における事件の検証及び再発防止策検討チームの「報告書~
再発県立の指定管理施設である障害者支援施設「津久井やまゆり園」において
。月日に凄惨な事件が発生してからヶ月が平成に。家族。
施設職員。利用者等のこころのケアの支援を行うため。県及び相模原市の精神
保健福祉

相模原殺傷事件控訴に「時間の無駄」「早く死刑に」と語る人々。相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で年月。入所者ら人が
殺傷された事件で。殺人罪などに問われた元職員植松聖被告の弁護人は
日。横浜地裁の死刑判決を不服として控訴した。地裁が明らかにした金共同
通信 本人は取り下げると一審だけで死刑になるといいます。NPO法人大阪障害者センター。やまゆり園事件県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」相模原市緑区で
2016年。入所者ら45人が殺傷された事件で。殺人などの罪に問われた元
職員植松聖被告30に対する1審?横浜地裁の死刑判決が31日。確定しま
した。弁護人が判決を不服として27日に控訴したが。控訴期限の30日に被告
自身が取り下げたためです。 当該裁判では。この事件の背景等を

私は最初に一読したときに 死を受け入れている、死刑を認めているわけではないにおける「わけではない」という否定は「死を受け入れている」「死刑を認めている」の両方にかかっている、すなわちタイトルは正しいのかなと思いました。文の構造としてはどちらとも取れるがどちらかと言えば後者のみにかかっていると取れる、意味からしてそうかなと。ただわかりにくいのは事実であり、おそらくそう言った声を受けて訂正を入れたのでしょう。すでに回答にあるとおり、現在では否定が両方にかかっていることが明らかになるように書き換えられています。どうしてだろう。下記になっていますよ。「弁護人は27日に東京高裁に控訴。被告は30日の接見で「自分のことを考えてくれてありがたい。元々控訴はすると言われていたので予定通りだ」と話す一方、法廷でも「控訴しない」と主張していたとして、取り下げる意向を改めて示した。「死を受け入れているわけではない」「死刑を認めているわけではない」とも語った。」なのでタイトル通りです。URLは下記。

  • 生活?交流掲示板 スーパーのレジのバイト応募ようか思って
  • 基本的な事は分かります 下線部なぜ=で結べるのか分ない
  • LEOHOME 韓国のテコンドーてパンチの練習するんか
  • italki agoのどちら正いか
  • 韓国人と交際中 韓国人好きか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です